小動物管理センター|野犬等の保護・収容及び巡回活動|犬・ネコの収容及び応急措置|譲渡会の実施|犬の適正な飼養管理の啓発活動

qrcode.png
http://tanabe-animal.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 
 

小動物管理センターからのお知らせ

小動物管理センターからのお知らせ
2
 
平成28年度 高知県猫の不妊手術費助成制度のお知らせ
2016-04-11
各福祉保健所連絡先一覧

平成28年度 高知県猫の不妊手術費の助成制度が、4月11日より受付が開始します。

 

猫の殺処分頭数は年々減少してきていますが、まだまだ数多くの猫がセンターに持ち込まれています。持ち込まれる猫の9割以上は、野良猫が産んだり捨てられたりした乳飲み子がほとんどです。

 

この不幸な殺処分を減らす方法として、不妊去勢手術はとても有効な方法です。また手術を実施することで、病気のリスクも減らすことができます。

 【高知県の適用条件】対象はメス猫のみ・事前(手術前)申請

高知県内(高知市を除く)に居住している方が、高知県内において飼育しているメス猫

高知県内で生息する飼い主のいないメス猫のうち、申請者が糞尿の清掃その他地域環境の改善の取組を行う猫

『注意事項』

●対象となる猫は、この事業を利用してこれから不妊手術をしようとするメス猫が対象となります。(すでに不妊手術をしているメス猫は対象となりません。)

●飼い主のいない猫については、不妊手術済みであることがわかるように、手術時に耳に「V字カット」を施します。

●申請書は必ず持参してください。持参以外(郵送やFAX等)の申請は受付できません。

●不妊手術は公益社団法人高知県獣医師会が指定する動物病院で受けることができます。

高知県HPにて詳細をご確認下さい。 

 

http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/131901/huninjigyou.html

安芸福祉保健所   0887-34-3173     

 

中央東福祉保健所  0887-53-3190/53-3171

 

中央西福祉保健所  0889-22-2588

 

須崎福祉保健所   0889-42-1999

 

幡多福祉保健所   0880-34-5119/35-5979

食品・衛生課    088-823-9673

 

 
平成28年度 高知県猫[飼い猫]不妊手術費助成制度
2016-04-11

 

 
平成28年度 高知市猫の不妊・去勢手術費助成制度のお知らせ
2016-04-05

高知市の平成28年度猫の不妊・去勢手術費一部助成制度が、4月1日より受付が開始します。

 

猫の殺処分頭数は年々減少してきていますが、まだまだ数多くの猫がセンターに持ち込まれています。持ち込まれる猫の9割以上は、野良猫が産んだり捨てられたりした乳飲み子がほとんどです。

 

平成24年度 猫の殺処分頭数3487

平成25年度 猫野殺処分頭数2338

平成26年度 猫の殺処分頭数2140

平成27年度 猫の殺処分頭数1717

 

この不幸な殺処分を減らす方法として、不妊去勢手術はとても有効な方法です。また手術を実施することで、病気のリスクも減らすことができます。

  

【高知市の適用条件】オス・メス共に対象・事後(手術後)申請

 

高知市に住民登録があり、猫を飼っているまたは飼い主のいない猫を飼養管理されている方で、次の事項に同意される方。

 

猫を飼っている方

●終生飼養すること

●しつけ等を行い、近隣住民に迷惑をかけないよう努めること

 

飼い主のいない猫を飼養管理されている方

(「飼い主のいない猫」とは本市に生息する猫で、所有者がいないことが明らかである猫をいいます)

●トイレの設置、餌の適正な管理等、周辺環境の美化を図ること

●近隣住民の理解を得るよう努めること

●耳カット等、猫に不妊去勢手術済みであることが分かる識別措置をとること

(特別な理由があると認められる場合を除く)

高知市HPにて詳細をご確認下さい。 

 

 
平成28年度飼い方講習会【幡多】UPしました。
2016-03-25
 
【中央】新しく子犬の里親さん募集しています。(詳しくは譲渡犬情報をどうぞ。)
2016-02-12
 
センターより譲渡対象の子犬を紹介しています
 
里親さんになりたい方は、必ず【犬・猫の飼い方講習】を受講して下さい。
 
子犬の詳細は譲渡犬情報を見て下さいネ
 
平成28年度飼い方講習会【中央】UPしました。
2016-03-25
 
狂犬病予防注射月間のお知らせ
2016-03-22
世界での狂犬病発生状況

毎年4月から6月は

狂犬病予防注射月間

となっています。

 

犬を飼われている方のご自宅にはお住まいの市町村より順次、問診票や会場及び日程の案内が届きだした頃ではないでしょうか。

 

飼い犬に狂犬病予防注射を受けさせることは、飼い主の義務として法律で定められています

 

しかしながら、

日本ではもう何十年も狂犬病は発生してないでしょ

うちの犬は犬が嫌いで他の犬に寄っていかないから

うちの犬は室内飼いで外に出さないから

などという自分勝手な理由により、予防注射を接種させない飼い主さんがいます。

 

日本での狂犬病の発症は

人は昭和31年(1956年)を最後に

動物では昭和32年(1957年)の猫での発生を最後に発生がありません。

しかし、世界では年間におおよそ

 

55,000人】

 

が亡くなっています。(世界保健機構(WHO)の推計による)

また、このうち3万人以上はアジア地域での死亡者と言われています。

 

狂犬病は一度発症してしまうと、ほぼ

 

100%の確率で死亡】

 

してしまう病気です。

 

外国船舶からの不法な犬の持ち込み、違法な動物売買など、日本で狂犬病が発生するリスクは必ずしも小さいとはいえないのが現状です。

 

年に一度の注射で飼い犬を、更には飼い主や回りの人間をも守れる注射です。必ず狂犬病予防注射を接種させるようにしましょう。

 

体調が良くない時や持病がある場合、獣医さんとの相談により注射を免除される場合があります少しでも不安に思った時にはかかりつけの獣医さんや集合注射会場にいる獣医さんに相談しましょう。

 

厚生労働省 狂犬病Q&A

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/07.html

 
たくさんのご寄付をいただきありがとうございました。
2016-03-03

先日のご寄付のお願いにつきまして、皆様から多くのご寄付を頂きました。

 

タオルに限らずオモチャおやつ、更には職員へのお心遣いまで頂きましたこと、恐縮ではございますがこの場を借りて心よりの御礼を申し上げます。

 

同封頂きましたお手紙につきましては一件一件にお返事を書くことができないこと、この場を借りてお詫び申し上げますとともに、職員一同拝読させていただき日々の業務への糧とさせていただいております。

 

なお、当センターに限らずこれからの季節には春の出産期を迎え、どの都道府県でも犬猫の収容が増えてくる時期となっております。皆様のお住まいの地域を管轄する保健所動物管理センター・愛護センターでもタオルなどを必要としているところがあるかと思いますので、ぜひともお問い合わせをお願いします。

 
H27.5.24(日)中央小動物管理センターでしつけ教室を行いました。
2015-06-03
 
今年度からしつけ教室を行うことになりました
 
1回目という事で、少しですがしつけ教室の様子を紹介したいと思います
 
また、しつけ教室に参加してみたい方は中央小動物管理センターまでお問い合わせ下さい
 
 
 
 
 
高知県の動物愛護の取組について
2015-04-09
2

中央小動物管理センター
〒780-8021
高知県高知市孕東町56-2
TEL.088-831-7939
FAX.088-831-7953

中村小動物管理センター

〒787-0010

高知県四万十市古津賀3069-4

TEL.0880-34-6252
───────────────
野犬等の保護・  収容及び

 巡回活動
疾病又は負傷した犬・猫の収容

 及び応急措置
譲渡犬・猫及び収容犬・猫

   飼養管理

犬・猫の適正な飼養管理の啓発
───────────────

<<中央小動物管理センター>> 〒780-8021 高知県高知市孕東町56-2 TEL:088-831-7939 FAX:088-831-7953