小動物管理センター|野犬等の保護・収容及び巡回活動|犬・ネコの収容及び応急措置|譲渡会の実施|犬の適正な飼養管理の啓発活動

qrcode.png
http://tanabe-animal.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

災害時対策情報

 

災害時のペットについて

災害時のペットについて
 
同行避難と災害対策と避難準備品

昨今、各地で大きな自然災害が発生していますが、災害時のペットの避難は飼い主の責任による 同行避難 が原則となっています。

 

また、高知県でいずれ起こると言われている「南海トラフ地震」では、地震の発生に加え津波の発生も予想されることから、迅速な避難が求められてきます。

 

災害時にパニックを起こさず避難するためには、日頃から避難準備品の用意や避難訓練を行っておくことが必要ですが、その際には必ず

ペットとの同行避難訓練

を行いましょう。

 

また、ご近所の方と情報を共有し、不在時のペットへの対処等についても話し合いをしておきましょう。

 

ペットの避難準備品については

 

療養食や薬

フードと水(最低5日分)及び食器

リードと首輪(予備も準備しましょう)

飼い主とペットが写った写真

病歴・ワクチン接種歴・かかりつけ獣医等のわかるもの

 

上記については必ず準備しましょう。

 

 

この他にも、日頃使っているものと同じおもちゃやトイレ用品(砂やシーツ含む)、タオル、ブラシなどがあれば少しでもペットのストレスを減らすことができます。

 

 

 

 

 

また、日頃ペットを係留したりクレートやケージを置いている回りの地震対策はお済みですか?

 

家の回りのブロック塀は強い地震の揺れには弱い構造となっています。また、地震により家の屋根瓦が落ちてくることも考えられます。安全な場所への移動、若しくは、しっかりとした耐震補強等を行いましょう。

 

また、家の中でも背の低い棚や額縁等は見過ごされがちですが、ペットには致命傷になる場合があります。今一度確認をしてみましょう。

 

 

 

 
避難生活での注意点と必要なしつけ

地震や津波、洪水等による水害、火山の噴火など、一度大きな自然災害が起こると元の生活に戻れるまでに多大な時間と労力が必要となってきます。

 

更には、災害により家や家財、車などの色々なものが失われ、住む場所もなくなり避難所生活を余儀なくされる場合があります。

 

そんな時、一緒に連れて避難してきたペットが決まった場所での排泄ができなかったり、最低限のしつけができていない場合、共に避難生活を送る人に迷惑をかけてしまいます。

 

環境省が行った東日本大震災に伴う自治体へのアンケートによると、避難所でのペットトラブルのうち

 

『犬の鳴き声や臭い』

 

などの苦情が一番多かったそうです。

 

また、避難所内で放し飼いにされている犬や、ペットによる子どもへの危害が心配、ノミが発生した、というような適正飼養が行われていないことによるトラブルが多くあったそうです。

 

中には

他の避難者とのバランスを考慮して貰えず、自分のペットへの過度の要望を通そうとする避難者がいた』

など、飼育マナーに関する意見も各地で報告されているそうです。

 

また、避難生活を送る人の中には、動物アレルギーのある人動物が苦手な人も多くいます。重度なアレルギーの場合、人命に関わってくることもあります。

 

こうしたトラブルを回避するためにも、日頃からのしつけやトレーニングが必ず必要となります。

 

まずはどのような動物でも、必ずケージやキャリーバッグに入って嫌がらなような訓練をしておきましょう。

また、ワクチンや予防注射は必ず接種しておきましょう。

 

不妊・去勢手術も必要です。更には、他の動物に対して怖がったり攻撃的にならないように日頃から慣らしておきましょう。

 

犬には「お座り」「待て」「伏せ」などの基本的なしつけを行いましょう。

 

災害時においては全てが人命優先で動いてしまいます。

その中でペットを守れるのはあなただけしかいません

日頃からの備えと訓練をしっかりとしておきましょう。

 

災害時におけるペットの救護対策ガイドライン

災害時におけるペットの救護対策ガイドライン
 
環境省ガイドライン
環境省のページへリンクしています。
 
 
 
 

私のペット手帳

私のペット手帳
 
私のペット手帳(A4サイズ)
私のペット手帳(A4サイズ) ( 2015-09-17 ・ 77KB )

ペットと飼い主さんの情報がひと目でわかるものは、災害時にペットと逸れてしまった場合や、避難所等での医療処置等にとても重要です。

 

 

こちらの用紙サイズはA4版になっています。避難準備品の中やいつも持ち歩くカバンの中など、複数の場所で保管できるようにしておきましょう。

 

 

 

パソコンやコピー機の環境が無い方等は、カメラ屋さんなどで印刷した動物の写真の裏に必要な情報を記入し準備しましょう。

 

 
私のペット手帳(2Lサイズ)
私のペット手帳(2Lサイズ) ( 2015-09-17 ・ 67KB )

ペットと飼い主さんの情報がひと目でわかるものは、災害時にペットと逸れてしまった場合や、避難所等での医療処置等にとても重要です。

 

こちらの用紙サイズは2L版になっていますので、避難準備品の中やいつも持ち歩くカバンの中など、複数の場所で保管できるようにしておきましょう。

 

パソコンやコピー機の環境が無い方等は、カメラ屋さんなどで印刷した動物の写真の裏に必要な情報を記入し準備しましょう。

中央小動物管理センター
〒780-8021
高知県高知市孕東町56-2
TEL.088-831-7939
FAX.088-831-7953

中村小動物管理センター

〒787-0010

高知県四万十市古津賀3069-4

TEL.0880-34-6252
───────────────
野犬等の保護・  収容及び

 巡回活動
疾病又は負傷した犬・猫の収容

 及び応急措置
譲渡犬・猫及び収容犬・猫

   飼養管理

犬・猫の適正な飼養管理の啓発
───────────────

<<中央小動物管理センター>> 〒780-8021 高知県高知市孕東町56-2 TEL:088-831-7939 FAX:088-831-7953